ショッピングカートを見る

2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は発送業務がお休みです。








特定商取引法に基づく表記(返品など)

プライバシーポリシー

メールマガジン
rss atom
  

新鮮な荒茶は宮崎経済連の入札会(宮崎茶市場、高千穂茶市場)にて仕入れます。
入札会には年間に約2万点(新茶は約6千点)の荒茶が上場され、県内外の茶商が良質な茶葉を求めて活気のある取引が行われています。

(茶筋を見極める)

入札会には良質な荒茶がズラリと並ぶので、単に「良質な荒茶」を仕入れることは難しくありません。
しかし、その荒茶が本当に「谷岩茶舗のお茶作り」に必要なのか、火入れた時に香りが引き立つのか、ブレンドして生きるのか、を見極めて仕入れるのは簡単ではありません。

美味しいお茶づくりの第一歩目は、いかにして当店の嗜好に合った荒茶を仕入れることができるかです。
荒茶の仕入れには全神経を研ぎ澄まし、何度も何度も審査しながら行います。

また、毎年変わる荒茶で毎年同じような品質のお茶を仕上げるのは容易ではありませんが、経験と勘と日々の努力で、お客様に喜んでいただけるお茶作りに励んでおります。




 仕入れた荒茶には粉、棒、浮葉(茶葉の軽い部分)などが入っており、長さや太さも不揃いのため、お茶を機械に通して磨きます。
 当店は、小回りの利く丁寧な作業を心がけているので、あえて様々な機械が一括された総合機を設置せず、各種機械を個別に設置しています。




 お茶の仕上加工で最も神経を遣うのは火入れで、お茶の持ってる個性や特徴を引き出す作業です。
 厳選して仕入れた荒茶も、火入れ次第で良くも悪くもなります。
 また、同じ原料でも外気温の変化などで「火の入り方」が変わるので、何度も何度も味見を繰
返しながら、経験と勘を頼りに火入れを行います。






 仕上がったお茶は、目視作業の後に袋詰めを行います。



 荒茶は鮮度がとても大切です。
 真空充填した後に低温冷蔵庫で保管します。