白折



白折とは

お茶の茎のことで、地域によっては茎茶、かりがね、棒茶とも呼ばれており、茶葉よりも多くの旨み成分が含まれております。
また、「茶柱が立つ」の茶柱はお茶の茎のことで、白折は縁起の良いお茶でも知られています。

当店の白折

一番茶(新茶)の深蒸し煎茶の茎が原料で、存分に茎の魅力が味わえます。

「白折」は、「日向のつゆ」よりも香り強めに仕上げています。

白折

< 前のページ
次のページ >
2件 [ 1-2 ]