ブランド釜炒り茶



釜炒り茶とは

荒茶製造の特徴として、通常の煎茶の「蒸す」工程に対し、 釜炒り茶は「炒る」工程から始まります。
煎茶が普及する前の緑茶は全て釜炒り製法でしたので、釜炒り茶はまさにお茶の原点です。


みやざき釜炒り茶、「釜王」とは

宮崎県のブランド農産品の一つである釜王。
毎年、厳しい審査基準(外観、香り、滋味)を満たした釜炒り茶に与えられた称号であり、
釜炒り茶の頂点に位置付けられています。

高千穂釜炒り茶 「釜王」朝霧しずく

一番茶(新茶)の中でも、より厳選したヤブキタ品種が原料です。
素材の持つ魅力的な「旨み」を味わえるよう、直火型の火入機で、時間をかけて丁寧に仕上
げております。

高千穂釜炒り茶 「釜王」日向ほまれ

一番茶(新茶)の中でも、より厳選したヤブキタ品種が原料です。
素材の持つ魅力的な「香り」を味わえるよう、昔ながらの平釜で火入れを行っております。
平釜での火入れは茶葉が白く擦れ、火ぶくれをするので外観の美しさは落ちます。
しかし、釜炒り茶の魅力的な「香り」を引き出すために、見た目よりも内容を重視して仕上げています。


ブランド釜炒り茶

< 前のページ
次のページ >
2件 [ 1-2 ]