ショッピングカートを見る




特定商取引法に基づく表記(返品など)

プライバシーポリシー
メールマガジン
rss atom
ホーム 深蒸し茶

深蒸し茶



受賞歴

日本茶アワード2015 プラチナ賞受賞「深緑」

日本茶アワード2017 審査員奨励賞受賞「深緑」


深蒸し茶とは?

生葉製造の蒸す工程の時間が煎茶よりも2倍〜3倍長いお茶で、 長く蒸すことでお茶の渋みが抑えられ、まろやかで旨みが増し ます。
また、茶葉の芯までしっかりと蒸気が通るので形が粉っぽく崩 れますが、それもまた美味しさの秘訣であります。
更に深蒸し茶は急須で淹れた時に茶葉の細かな部分も一緒に出 てきます。
茶葉自体を一緒に飲むことで、水には溶けない有効な成分も摂取 でき、より一層健康に良いお茶でもあります。

宮崎の深蒸し茶

宮崎県には深蒸し茶の製造に力を注ぐ生産者が数多くいます。
その品質は他の茶産地にも引けを取らず、お茶の収穫時期の宮崎茶センターには、宮崎産の良質な 深蒸し茶を求めて全国からも多くの茶商が集まります。




当店の深蒸し茶

「柔らかく優しい香り、まろやかで深みのある旨み、鮮やかな水色」をイメージして深蒸し茶を 仕上げています。
原料は一番茶(新茶)でも日差しが柔らかく、より早い時期に摘まれ、そして旨みがたっぷり 詰まった数種類をブレンドします。
ブレンドするのは理由があります。
もちろん一つの原料でも、とても美味しいです。
しかし、お茶はブレンドすることで更に美味しくなります。
ブレンドによって味の偏りをなくし、そして深みを出し、全体的にバランスよく「香り、旨み、 渋み」などを感じられるように調節していきます。

火入(焙煎)にこだわります。
火入れはお茶の味を大きく左右する作業で、仕上げ工程で最も神経を使います。
同じ原料でも外気温や湿度などの違いにより、火入れ毎にその時に合った設定が必要になります。
火入れは茶師の腕の試される、経験と勘が頼りの作業です。
当店では品種別、形状別に分けた茶葉を別々に丁寧に火入れします。
各々に見合った温度で、各々の特徴が一番発揮される温度を見極めながら、時間をかけてゆっく りと丁寧に行います。

「深緑」は優しい香りで旨み深く、「深蒸し茶」は魅力的な香りで旨み深く仕上げています。




[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順

1,620円(内税)

1,080円(内税)