ショッピングカートを見る




特定商取引法に基づく表記(返品など)

プライバシーポリシー
メールマガジン
rss atom
ホーム 釜炒り茶

釜炒り茶



受賞歴

日本茶アワード2016 ファインプロダクト賞受賞
「日向ほまれ」


釜炒り茶とは

荒茶製造の特徴として、通常の煎茶の「蒸す」工程に対し、
釜炒り茶は「炒る」工程から始まります。
煎茶が普及する前の緑茶は全て釜炒り製法でしたので、釜
炒り茶はまさにお茶の原点です。


宮崎の釜炒り茶

緑茶生産量の1%にも満たないとても希少な釜炒り茶は、宮
崎県が全国一位の産地です。
宮崎県北部の山間地帯にある西臼杵郡(高千穂・日之影・
五ヶ瀬)地区には、昔ながらの製法にこだわり、良質な釜
炒り茶を作る生産者が数多くいます。
また、標高400メートル程の寒暖の差が激しく西臼杵郡で作
られた釜炒り茶には、その地域にしか出せない、確かな香り
と旨みがあります。

当店の釜炒り茶

生産者が丹精込めて作った釜炒り茶は、高温に熱した昔なが
らの鋳物製の「平釜」で時間をかけて火入れます。
平釜で火入れた茶葉は表面が白く擦れますが、それもまた特
徴であり、釜炒り茶の持つ昔ながらの素朴で上品な香りをよ
り引き立たせます。
平釜での火入れは少量ずつしか行えず、感覚が頼りで手間暇
かかりますが、その分納得のいく確かな釜炒り茶に仕上がり
ます。
どこか懐かしい香り、黄金色の水色、さっぱりとした飲み心
地は、お茶の歴史を感じられる至福の一杯です。

「日向ほまれ」は上品な香りと旨みをバランスよく仕上げ、
「高千穂釜炒り茶」はより香り強く仕上げています。







[並び順を変更] ・おすすめ順 ・価格順 ・新着順